タニタの体組成計(体重計)BC-314-BRを購入

体重計に乗って体重を測るのは、週1〜2回スポーツジムに行った時と、年に1回の健康診断の時ぐらいで、これまで20年間近く自宅に体重計はありませんでした。

ただそれでも特に困ることはなかったのですが、4月の緊急事態宣言発令以降はスポーツジムに行けなくなった為、体重計にのる機会が無くなり、自分の体重を把握することができなくなってしまいました。

その時流石にまずいなと思い、体重計を買おうかなと思ったのですが、何となく先延ばしにしてしまい、結局緊急事態宣言が解除され、約3ヶ月ぶりぐらいにスポーツジムに行った際に体重を測る事ができました。
※運動不足でしたが最後に測ってからプラス1kg位だったので、少し安心しました。

それで一旦体重計を買う熱も冷めたのですが、スポーツジムでのトレーニング再開後も意外と体重が減らない。。

逆に通い始めて1kg位増えてしまいました。

多分スポーツジムに行っていなかった時のほうが、自宅で運動をしたり、食事にも気をつけていたのが、スポーツジムでの運動を再開したことで、逆に気が緩んでしまったんだと思います。

そこで一念発起、自宅でも毎日体重を測れるように、体重計を購入しました。

タニタ 体組成計 BC-314-BR

買ったのはタニタの体組成計「BC-314 (メタリックブラウン)」。

タニタ 体組成計 BC-314-BR

50g単位の高精度測定と充実した測定項目
・50g単位の体重測定だから、毎日の体重変化をしっかりキャッチ。
・充実した測定項目でカラダの状態をくまなくチェック

毎日の継続した測定をサポート
・体重が急激に変化した場合にお知らせする「体重急激増減お知らせ機能」付き。
・測定の継続状況にあわせて表示画面が変化する「マイサポ機能」で毎日の測定継続をサポート。

こだわりの使いやすさ
・乗るだけで測定ができる「乗るピタ機能」を搭載。
・立てかけ収納OK。
・27mmの薄さで乗りやすい。

このモデルはパールホワイト、メタリックブルー、メタリックブラウンの3色展開されています。体重計というと何となく白のイメージがありますが、その中から私は一番汚れが目立ち難い?メタリックブラウンにしました。

タニタ 体組成計 BC-314-BR

大きさも、幅 316mm × 高さ 27mm × 奥行 217mmとコンパクトで、重さも約1.5kg。

立て掛け収納もできるので、置き場所にも困りません。

一口に体重計、体組成計といってもピンキリで、たくさんある中から選ぶのは結構大変でしたが、値段と機能的なバランスで私にはこれが一番良かったです。

最初は単純に体重だけ分かれば良いかなとも思ったのですが、「体脂肪率」「内蔵脂肪レベル」「筋肉量」「基礎代謝量」「体内年齢」「推定骨量」まで測定されると、モチベーションにも繋がります。

タニタ 体組成計 BC-314-BR

あと50g単位で測定できるかで値段が変わってくるのですが、個人的には50g単位迄分かったほうが便利だと思います。

タニタ 体組成計 BC-314-BR

 

これからは毎日体重を測って、まずはコロナ禍で太ってしまった分の、マイナス2キロを目指したいと思います。


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告