ブリーフィングの3WAY ブリーフケース TR-3 S MWを購入

ついに買ってしまった”MADE IN USA”ではない、BRIEFING ブリーフィングのバック。

BRIEFING TR-3 S MW MODULEWARE Item No.BRM181402

BRIEFING TR-3 S MW MODULEWARE Item No.BRM181402

ビジネス・トラベルシーンにおいて必要な各種アイテムを収納可能なスペースを搭載したシリーズ。

軽量でありながら強度に優れている素材を使用した3WAYバッグは、ブリーフ・ショルダー・バッグパックとシーンによって着用スタイルを変更可能です。

メイン室の他に、ipad収納部や15インチのPCが入る収納部を設けており、収納部が充実したバッグに仕上がっています。

“MADE IN USA”であることにこだわりを感じ、これまで購入してきたBRIEFING ブリーフィングのバックはすべてアメリカ製(1点だけ日本製)でしたが、今回初めて中国製のブリーフィングを購入しました。

「MADE IN USA」と無いのが、少し寂しいところ・・。

BRIEFING ブリーフィングの『MODULE WARE(モジュール ウエア)』

BRIEFING ブリーフィングの『MODULE WARE(モジュール ウエア)』

ブリーフィングが新たに展開をしている、この『MODULE WARE(モジュール ウエア)』シリーズは、ビジネス・トラベルシーンにおいて使用する各種アイテムの収納が可能なスペースを設計・搭載し、素材には、軽量でありながら強度に優れている140デニール×240デニールのフルダルコーデュラリップストップナイロンが採用されています。

確かにBRIEFING ブリーフィングの特徴でもある【バリスティックナイロン(#1050デニール・ダブルバスケット・ウィーブ)】のバックに比べると、素材が薄い分、軽く感じます。

BRIEFING TR-3 S MW MODULEWARE Item No.BRM181402

ちなみに今回私がこの3WAYブリーフケースを購入した理由の1つが「軽さ」。

NEO B4 LINERとTR-3 S MW比較

今までビジネス用でメインに使っていたのは、定番の「NEO B4 LINER」ですが、丈夫な分、「少し重いな」と感じる事がありました。

ブリーフィング NEO B4 LINER No.BRF145219

重さを比較すると、NEO B4 LINERが1.5㎏に対して、TR-3 S MWは1.4㎏です。

100gしか変わりませんね・・。

それでも実際持ち比べてみると、TR-3 S MWの方が、圧倒的に軽く感じます。

NEO B4 LINERとTR-3 S MW比較

もう一つ決定的に違うのが、TR-3 S MWはリュックとしても使えるところ。

背負える分、両手が使える身軽さがあります、何といっても手で持つよりは、重いものをバックに詰めていても、楽に持てます。

パソコンや本を、「NEO B4 LINER」にいれて持っていると、結構重く感じることがあったので、この「軽さ」と「背負える」のは有難いところです。

収納スペースは豊富

ブリーフィングの特徴として、収納スペースの豊富さがありますが、こちらに関しては、中国製とは言え、もちろん変わりません。

逆にポケットが多すぎて、どこに何を入れたのかが分からなくなることがあります・・。

TR-3 M MWは出張や旅行にも使えそう

トラベルシーンで使える設計をしてあるという通り、マチが広くとられていて、一泊の旅行や出張でも十分に活躍してくれそうです。

TR-3 M MWは出張や旅行にも使えそう

「NEO B4 LINER」 と比較すると、「TR-3 M MW」のマチは16㎝に対して、 「NEO B4 LINER」は12㎝なので、ワイシャツなんかを入れるのであれば、
「TR-3 M MW」の方が余裕が持てます。

ちなみに「TR-3 M MW」はBLACKとNAVYの2色展開ですが、今回私は無難にBLACKを選びました。

ただNAVYも落ち着いた色合いなので、ビジネスで使っていても違和感はないかなと思います。

という分けで、今回初めて購入した「MADE IN USA」では無いBRIEFINGですが、そのこだわりさえ持たなければ、とてもいい買い物だったと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告