「伝え方が9割」を読んでみた。

そのタイトルと、ランキングでも上位にあったので、前から気になっていた本。

年末にまとめて購入した本の中の一冊です。

伝え方が9割/佐々木圭一(著)

「伝え方が9割」を読んでみた。

伝え方が9割 佐々木圭一(著)

【史上初! 3年連続ビジネス書年間ベスト10入り】(2013年〜2015年。トーハン調べ)
【2013年ビジネス書ランキング1位】(紀伊國屋書店新宿本店調べ)
【2013年 6ヶ月連続ビジネス書1位】5月から10月まで、ビジネス書ランキング1位獲得! (日販調べ)

伝え方にはシンプルな技術があります。

この本は、著者が膨大な時間とトライ&エラーで導き出した方法論を整理しました。
料理のレシピのように、誰でもコトバをつくれるよう体系化してあります。
誰でも自分の日常から、試行錯誤の上で伝え方の技術を身につけることもできますが、
それだと辿り着くまでに十数年かかってしまいます。効率がよくありません。
この本は、著者のように回り道をしなくても魅力的なコトバを最短でつくれるよう構成してあります。

センテンスが細かく分かれていて、分量自体も多くないので、一気に読むことができます。

書かれている内容としては、「なるほど」と思わせる部分も多いですが、結構無意識のうちに使っていることも多い気がします。

ただそれをテクニックとしては今まで活用していなかったので、今後はここに書かれている内容を色々と組み合わせながら使ってみたい、と思わせる一冊でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告