『生きるぼくら』原田マハ(著)を読みました。

先日読んだ、原田マハさんの『生きるぼくら

「生きるぼくら」原田マハ(著)

「生きるぼくら」原田マハ(著)

いじめから、ひきこもりとなった二十四歳の麻生人生。頼りだった母が突然いなくなった。残されていたのは、年賀状の束。その中に一枚だけ記憶にある名前があった。「もう一度会えますように。私の命が、あるうちに」マーサばあちゃんから? 人生は四年ぶりに外へ! 祖母のいる蓼科へ向かうと、予想を覆す状況が待っていた????。人の温もりにふれ、米づくりから、大きく人生が変わっていく。

今回「原田マハ」という作家を初めて知りましたが、キュレーターもしているという、興味深い経歴の方です。

内容の方はというと、真っすぐで、奇をてらわず、読みやすい印象。

どちらかと言えば、若い人が読む本かもしれません。

登場する人たちは、みな良い人で、こういった作品が、映画とかドラマにはしやすいのかなと思いました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告