改めて「DUO 3.0」を手に取ってみました

英語を学んでいく上で、単語どれだけ知っているかというのはとても重要で、TACでのTOEIC講座や、産経オンライン英会話でもその必要性は痛感します。

特にオンライン英会話で講師と話している時に、簡単な言葉でも、単語がなかなか出てこず、学生の時にあれ程覚えたのに・・、と思う事が多いです。

そこでアマゾンで改めて英単語の本を検索。すると2000年3月に発売された本がベストセラー1位。

しかもよく見たら、見覚えのある本。

DUO 3.0勉強法

そういえばちょうど2001年の夏に、今と同じように英語を勉強しようと思い立ち、こちらを購入したことを思い出しました。

結局途中で断念してしまいましたが・・。

こちらの「DUO 3.0」は、単語を覚えるというよりも、一つの文で覚えて、その中に必要な単語や熟語の要素が入っているという感じです。

当時私は、昔ながらの一語一語覚えるタイプに馴染んでいたせいか、この「一つの文」というのが逆に合わなかった気がします。

ただ10年以上に渡ってベストセラーというからには、やはり理由がある。しかも検索してみるとこの「DUO 3.0」を絶賛している人が多いんですよね。

またDUO3.0を使ったそれぞれの学習法を紹介しているサイトも多くある。

実際、今受けているTOEICの講師の方も、単語で覚えるのではなく、文として覚えることを推奨しています。

そこで改めて手に取った「DUO 3.0」。

その時は途中で諦めましたが、これだけ多くの方が進めているのを知ると、「まずはこれを一通り集中して覚えれば良いんだ。」という気にさせてくれます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告