Number(ナンバー)で一朗、イチロー、ICHIRO。

雑誌Number(ナンバー)で、3号連続で表紙を飾ったイチロー選手。

Number(ナンバー)で一朗、イチロー、ICHIRO。

これでNumber(ナンバー)の表紙登場回数では、歴代最多の30回になるそうです。

私がNumber(ナンバー)を買い始めたのは高校生のころで、もう少しで30年になります。

イチロー選手が初めて Number(ナンバー)の表紙を飾ったのが、1995.9.28の376号。

なのでイチロー選手が表紙を飾ったNumber(ナンバー)は全て買ってきましたが、一番印象に残っているのは、第1回WBCで優勝した時の650号。

Number(ナンバー)650号

売り切れになっている書店やコンビニも多く、買うのに苦労した記憶があります。

ちなみにNumber(ナンバー)の表紙登場回数2位は本田圭佑選手の24回、3位は中田英寿の21回。

個人的には大谷翔平選手が、この記録を抜くような活躍を、今後してくれることを期待したいところです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告