無調整豆乳からアーモンドミルクに変えてみる。

もうここ10年ぐらい、健康の為に無調整の豆乳を飲むようにしていました。特に甘いものと一緒に飲むのがお気に入り。

ただ最近豆乳を飲むことの害を耳にする機会も多くなり、何となく気になりながらも飲み続けていましたが、今回あるきっかけで豆乳からアーモンドミルクに変更しました。

アーモンド・ブリーズ 砂糖不使用

アーモンド・ブリーズ 砂糖不使用

カリフォルニア・アーモンドの本来の美味しさを活かすため、甘さや香りを加えずにお届けしています。また、低カロリー設計ですのでカロリーを気にしている方にもおすすめです。
1日分のビタミンE配合。カルシウム入り。

原材料・成分
アーモンドペースト、デキストリン、食塩/リン酸Ca、安定剤(増粘多糖類)、クエン酸K、乳化剤、ビタミンE

で実際にアーモンドミルクを探してみると、結構高いのにビックリ!

豆乳だったら一本1リットルで200円程度ですが、アーモンドミルクの場合は400円近くします。

最初は買うのを躊躇しましたが、物は試しという事で、値段の安かったAmazonで購入。

アーモンド・ブリーズ 砂糖不使用

飲んだ感想としては、味にクセはありませんが、正直豆乳の方が美味しいかなと思いました。

私は砂糖不使用のタイプを購入しましたが、まだ無調整豆乳の方が甘みがある感じがします。

アーモンド・ブリーズの「アーモンドミルク」成分

こちらがアーモンド・ブリーズの「アーモンドミルク」、キッコーマンの「おいしい無調整豆乳」の成分比較です。

アーモンド・ブリーズ 砂糖不使用(200ml) おいしい無調整豆乳(200ml)
エネルギー 30kcal 115kcal
タンパク質 1.2g 9.1g
脂質 2.2g 7.3g
炭水化物 1.6g 3.2g
カルシウム 150㎎ 34㎎
マグネシウム 12㎎ 56㎎
カリウム 118㎎ 425㎎
コレステロール 0㎎ 0㎎

「アーモンド・ブリーズ」のカロリーの低さと、脂質の低さ、後カルシウムの高さが目を引きます。

一方でタンパク質は「おいしい無調整豆乳」の方が断然高いですね。

もちろんこれはアーモンド・ブリーズの「アーモンドミルク」とキッコーマンの「おいしい無調整豆乳」の成分比較ですので、他の商品であれば、また違う結果になると思います。

最近何かと比較される「アーモンドミルク」と「豆乳」ですが、正直どちらが良いのかは、人それぞれ、体質や飲むタイミングによるかと思います。

私個人としては、完全に「アーモンドミルク」に切り替えるというよりも、徐々に豆乳を飲む回数を減らしながら、移行をしていって、どんな効果が出るのか確かめてみたいと思います。

ちなみに私が今回「アーモンドミルク」を飲もうと思ったきっかけは、ナンバー「954・955・956号 日本代表 未来を懸けて。」の中で、ポーランド代表のロベルト・レバンドフスキ選手が、「牛乳や豆乳を避けて、アーモンドミルク、ココナッツミルク、ライスミルクしか飲まない。」というインタビューを読んだから。

特に広告としてではなく、こうった雑誌のトップアスリートのインタビューの中で「豆乳を飲まなくなって、アーモンドミルクに変えた」との話題が出ると、アーモンドミルクの良さを信じてしまいますね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告