nanacoで5万円以上の支払いの仕方を知る。

会社を辞めてから、それまでは毎月の給料から徴収されていた住民税も、当然自分で払いに行かないといけません。

普段、各種税金や公共料金を支払う際には、クレジットチャージでカードのポイントが貯まる、nanacoを使って、セブンイレブンで支払いを行っていたのですが、この住民税は、5万円を超える金額。

nanacoで5万円以上の支払いの仕方を知る。

nanaco内に保有しておける金額の限度は50,000円までなので、この5万円を超える「住民税」に関しては、nanacoでの支払いを諦めて、現金で支払いをしていたのですが、先日、5万円を超える金額の支払いをするテクニックを、ネットで発見。

2015年度分の支払いは終わりましたが、2016年度分からは、このやり方を使わせていただきます!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告