Number(ナンバー)911号 広島優勝特別編集「カープの魂」を購入

広島東洋カープ25年ぶりのセリーグ優勝を特集した、ナンバーの「広島優勝 特別編集」号。

Number(ナンバー)911号「カープの魂」

Number(ナンバー)911号 広島優勝特別編集「カープの魂」

広島優勝特別編集
カープの魂。

25年ぶりのリーグ制覇を果たした広島カープを大特集!
冒頭は黒田博樹投手と新井貴浩選手のスペシャル対談。
今季、勢い増すチームの精神的支柱となり
ペナント独走の原動力として闘い抜いた二人が
「広島カープ」について徹底的に語り尽くした。
さらに不動の1~3番、田中広輔、菊池涼介、丸佳浩、
野村祐輔ら平成元年生まれ選手への
連続インタビューで見えた優勝への道のり、
神ってる男、鈴木誠也の誕生秘話、助っ人外国人列伝まで。
丸ごと一冊カープ特集!!

SPECIAL FEATURES

[スペシャル対談]
黒田博樹×新井貴浩
「俺たちの広島カープを語ろう」

[巻頭エッセイ]
西川美和
「どうして広島東洋カープは、こんなにも人生そっくりなんだろう」

[連続インタビュー]
平成元年世代が見た「15」と「25」の背中
田中広輔/菊池涼介
丸佳浩/野村祐輔 ほか

[守護神の系譜]
江夏豊が語る
ストッパー中崎翔太

[誕生秘話]
鈴木誠也が“神る”まで

[黒田&新井を発掘]
苑田聡彦「チームの柱を見極めるスカウト術」

[完全保存版]
赤ヘル軍団 助っ人外国人列伝
ジョンソン/エルドレッド
ホプキンス/ライトル
ブラウン/ラロッカ
ランス/バークレオ
助っ人外国人なんでもランキング付

私がプロ野球を見始めた時の広島は、いわゆる「赤ヘル黄金時代」で、毎年優勝争いに加わってくる、“強いチーム”でした。

西川美和さんのエッセイの中でも「広島はあたりまえに強かった。」と語っていますが、多分当時の印象からしたら、皆がそうだったと思います。

Number(ナンバー)911号 広島優勝特別編集「カープの魂」

特に1986年、史上初の第8戦までもつれ込んだ、西武との日本シリーズは今でもはっきりと覚えています。
※清原和博がドラフト1位で入団した年。山本浩二現役最後のシーズン。もう30年も前なんですね・・。

そして同じ西武と日本一をかけて戦った1991年以来のセリーグ制覇。

これからCSも待っているので、まだまだ気が早いですが、今年は是非広島に日本一になってもらいたいです。

※ちなみに日本一は、1984年阪急ブレーブスに4勝3敗で勝った、32年ぶりになります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告