KASHIYAMA the Smart Tailorで2着目のスーツをオーダー

2カ月ほど前に、 オンワード樫山が展開する KASHIYAMA the Smart Tailorでオーダーしたスーツ。

流石にサイズ感は間違いなく、着心地も良かったので、今回2着目をホームページからからオーダーしてみました。

KASHIYAMA the Smart Tailorで2着目のスーツをオーダー

2着目以降のオーダーはホームページから簡単にできる

一度「KASHIYAMA the Smart Tailor」でスーツをオーダーすれば、以降はマイページにその履歴が登録されるので、お店に行って改めて採寸をしてもらうことなく、パソコンやスマホから簡単に注文をすることができます。

2着目以降のオーダーはホームページから簡単にできる

今回私は、股下だけ前回よりも0.5㎝短くし、それ以外は全て同じサイズで注文をしたので、とても簡単でした。

EC購入キャンペーンで5,000円引き

「KASHIYAMA the Smart Tailor」で2着目のスーツをオーダーした理由としては、もちろん1着目の出来上がりに満足したというのもありますが、5,000円OFFのクーポンを貰っていたのも大きいです。

KASHIYAMA the Smart Tailor (オンワード樫山)EC5000円OFF

今もやっているのかはわかりませんが?前回スーツをオーダーした際に、WEBでスーツ上下を購入した際、最初の1着目は5,000円OFFになるクーポンを貰っていて、その有効期限が2月末だったので、せっかくなら使わないと勿体ないですからね。

ネイビーの次はグレー

前回はネイビーのスーツをオーダーしましたが、今回はグレーを注文。

ネイビーの次はグレー

前回のネイビーも、今回のグレーも無地のタイプを注文したので、よりサイズ感で如何に、既製品との違いを出せるかが、個人的には勝負だと思っています!

デザインの有料カスタマイズは 4点

前回のオーダーでは、有料のカスタマイズとして、「本開き」、「AMFステッチ」、「裏地キュプラ」の3点を追加しましたが、今回は「本開き」を止めて、「本水牛ボタン」、「パンツの後ろスリット」の4点で注文をしました。

本水牛ボタン
パンツの後ろスリット

今回は前回同様、N˚2の40,000円の生地にしましたが、オプションを4つ追加するとそれなりの金額にはなります。

自己満の部分もありますが、着易さに繋がるところでもあるので、これはしょうがないですね。

オーダー後丁度1週間で到着

今回は1月12日の夜に注文して、自宅に届いたのは1月19日。

この速さには少し驚きです。

生地感や色味はやっぱり店舗で確認しないとわからない

今回はWEB購入のクーポンがあったので店舗に行くことなく、ネットで注文しましたが、実際の生地感や色味を確認するなら、一度店舗で確認した方が間違いないです。

生地感や色味はやっぱり店舗で確認しないとわからない

ホームページから生地は確認ができますが、流石に生地感は触ってみないと分からないですし、色味もディスプレイによって見え方が変わってくるので、なかなか思った通りというわけには行かないかなと思います。

UNIVERSAL LANGUAGE MEASURE’S が気になる

これまで2着、KASHIYAMA the Smart Tailorでスーツをオーダーしましたが、他と比較する上でも、今度は違うところでオーダーしてみようかなと思っています。

そこで今一番気になっているのが「UNIVERSAL LANGUAGE MEASURE’S」

これまで何度か「UNIVERSAL LANGUAGE 」でスーツやジャケットを購入したことがありますが、個人的には、そのコストパフォーマンスの高さで気に入っています。

そんな「ユニバーサルランゲージ」「ザ・スーツカンパニー」が手掛けるオーダースーツなので、品質には期待が持てそう。

しかも今回追加したオプションが、「クラシックディテールパック」で注文をすると、標準で備わっているとの事。

UNIVERSAL LANGUAGE MEASURE'S クラシックディテールパック

春に向けたスーツは、こちらでオーダーしてみようかなと考えています。

(追記)ユニバーサルランゲージメジャーズでオーダーしてみた

先日ユニバーサルランゲージメジャーズで実際にスーツをオーダーしてみました。

詳細はこちらの記事で紹介をしています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告