GLIM SPANKYを聴いてジャニス・ジョプリンを思い出す。

radiko(ラジコ)でラジオを聴くようになってから、新しいアティストを知る機会が増えました。

で良いなと思ったらApple Musicでダウンロードするのが最近の流れ。

これもそんな一曲です。

「GLIM SPANKY」初めて知りました。

まず聴いた瞬間に「ジャニス・ジョプリン」が頭に浮かびました。

今までも和製ジャニス・ジョプリンといわれる人はいましたが、ここまでの人はいなかった気がします。

GLIM SPANKY
ロックとブルースを基調にしながらも、新しさを感じさせるサウンドを鳴らす、男女2人組新世代ロックユニット。
ハスキーで圧倒的存在感のヴォーカルと、 ブルージーで感情豊かなギターが特徴。

松尾 レミ
Vocal & Guitar, Song Writting, Art & Design

亀本 寛貴
Guitar

アルバムを通して聴いてみたら、他にも良い曲がたくさん。

しばらくヘビーローテーションしそうです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告